使用方法について

cat looking up on the tree

フロントラインプラスというのは簡単に使用することができますので、初めてペットのダニ・ノミ駆除対策をするという人におすすめです。
フロントラインプラスというのはスポットオンタイプという種類になります。スポットオンというのはスポイトのような容器の中に駆除薬が入っており、ペットの皮膚に直接塗布します。
塗布する場所は犬や猫の肩甲骨のあたりです。塗布する場合にはしっかりと全身へ行き渡るように皮膚に塗布します。毛足の長いペットであれば指でしっかりとかき分ける必要があります。小型のペットの場合には液体が流れやすいので注意をしましょう。
皮膚にフロントラインプラスを塗布することで、皮膚の表面にある皮脂腺から皮脂とともに全身へ成分が浸透されていきます。
たった一箇所に液体を垂らすだけでダニやノミから守ることができます。フロントラインプラスは1つですべて使い切る必要がありますので、残しておくようなことはNGです。

フロントラインプラスというのは水に強いという特徴を持っています。しかし、完全に乾くまでは水に濡らしたり、トリミングはできません。濡れている部分を触ることも避けましょう。しかし、完全に乾けば問題はありません。
もちろん、乾くまでに触ってはいけませんが、フロントラインプラスは危険な成分でできているわけではありません。人間やペットには害がなく、虫にだけ駆除効果を発揮します。
もし、本当に危険な薬剤であれば、これほど多くの使用者は存在していないでしょう。